ドイツ語が論理的に理解できる『中級ドイツ語のしくみ』

大学の第2外国語のドイツ語の授業で、最初に文法をひと通り習う(習った)と思います。

文法のルールをただやみくもに暗記するだけでは面白くないし、もったいないです。

『中級ドイツ語のしくみ』という本では、文法のルールについて「なぜそうなるのか」論理的に説明しています。

例えば、「ここはどこだ?」をドイツ語で表現するとき、なぜ”Wo ist ich?“なのか。

なぜ、”Wo ist hier?“では誤りなのか。

文法ルールを論理的に理解することで、暗記だけに依存せずに「ドイツ語の発想」が身につくと感じた1冊です。

目次

第1部 ドイツ語のからくり
1 ドイツ語の音の基本
2 ドイツ語の文の基本
3 ドイツ語らしく書く

第2部 ドイツ語の発想
1 動詞の本質
2 時制のくぎりかた
3 話法の助動詞
4 法とは何か?
5 名詞とは何か?
6 名詞句の表示のしかた
7 格の用法
8 前置詞の用法
9 特定できることとできないこと
10 受動態と再帰構文
11 役割が変わるもの
12 変わらないもの

変化表一覧
文法項目一覧

Viel Spaß - und bis bald!
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

feedly
feedlyでフォローしていただくと最新のブログ更新情報が受け取れます!
follow us in feedly