今日は「アイネク」を演奏しましょう “Heute spielen wir Eine Ku”

初級ドイツ語の知識があれば読めるエッセイ集が『ドイツ語エッセイ Eine kleine Kafeepause』(日独対訳)です。

エントリーのタイトル「今日は『アイネク』を演奏しましょう」というのは本書のエッセイの冒頭文です。

“Heute spielen wir Eine Ku“, sagte mein japanischer Kollege.

著者のマーティン B.スタンツェライトさんは広島県在住のドイツ人チェロ奏者です(via Wikipedia)。

日本人の仕事仲間(第一バイオリン奏者)から「アイネクを演奏しよう」と言われて何のことか理解できなかったそうです。

日本の音楽家は何でも略して言うんですね。

アイネクとは何の略でしょうか?

ちなみに、メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲(コンチェルト)は「メンコン」。ブラームスの交響曲第1番は「ブラ一(いち)」と略すそうです。

他にも、略称がいろいろあるようです(via クラシック音楽の曲名の俗称)。

青ダニ=美しく青きドナウ (ヨハン・シュトラウス2世)

巨人、マラ1、ジャイアンツ=交響曲第1番「巨人」(マーラー)

チャイ1=交響曲第1番 (チャイコフスキー)

虎刈り=トゥランガリーラ交響曲(メシアン)

ひげじょ=悲劇的序曲(ブラームス)

Eine Ku

Viel Spaß - und bis bald!
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

feedly
feedlyでフォローしていただくと最新のブログ更新情報が受け取れます!
follow us in feedly