ドイツではハーブティー派は少数派?

愛飲しているペパーミントティーがドイツ産なことに気づきました。

ペパーミントティー

日本にハーブティーを輸出するくらいなのだから、ドイツではハーブティーを飲む人が多いのだろうと思いましたが、『ドイツ料理万歳! (平凡社新書)』(川口マーン惠美著,平凡社,2009年)によると「ハーブティー派」は少数らしいです。

ドイツ人でも、たまに紅茶党、ハーブ茶党という人もいるが、それは少数派で、たいていの人の一日はコーヒーで始まる。コーヒーを飲まないとスイッチが入らないという人は結構多い。

p.169

ドイツはコーヒー党が主流派なのですね。

でも、ペパーミントティーを飲むとホッとします。

そういえば、日本で「ドイツのコーヒー」といえば「クライス」が有名ですね。

Viel Spaß - und bis bald!
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

feedly
feedlyでフォローしていただくと最新のブログ更新情報が受け取れます!
follow us in feedly