赤ずきんちゃん(Rotkäppchen)をドイツ語で読む 第25回 ~狼が屋根で待ち伏せる~

夕闇の森

今回は、狼が赤ずきんちゃんになりすまして玄関のドアを開けさせようとしますが、おばあさんと赤ずきんちゃんはその手には乗りません。

前回:赤ずきんちゃん(Rotkäppchen)をドイツ語で読む 第24回 ~狼と振り込め詐欺~

Sie schwiegen aber und machten die Türe nicht auf. Da schlich der Graukopf etlichemal um das Haus, sprang endlich aufs Dach und wollte warten, bis Rotkäppchen abends nach Hause ginge, dann wollte er ihm nachschleichen und wollt’s in der Dunkelheit fressen.

しかし、二人は口を言わないし、戸も開けませんでした。それで灰色ひげの狼は家のまわりを2,3回忍び歩き、とうとう屋根に飛び乗りました。そこで待って、赤頭巾が夕方に家に帰るとき、こっそりあとをつけ、暗闇にまぎれてたべようと思ったのです。

via「赤ずきん

しかし、二人は沈黙したまま、戸も開けませんでした(Sie schwiegen aber und machten die Türe nicht auf.)。

それで灰色ひげの狼は家のまわりを2,3回忍び歩き、とうとう屋根に飛び乗りました(Da schlich der Graukopf etlichemal um das Haus, sprang endlich aufs Dach)。

schlichはschleichen(そっと[足音を忍ばせて]歩く)の過去形です。

Graukopf(男)は「しらが頭、しらが頭の人」です。

訳では「灰色ひげの狼」となっています。

etlichemalは「二三度、何度か、ときどき」。

二三度家の周りを忍び歩いたのち、屋根に飛び乗りました(sprang endlich aufs Dach)。

屋根の上で赤ずきんちゃんが夕方に自宅に帰るまで待って、彼女を尾行して暗闇にまぎれて食べようと思いました(wollte warten, bis Rotkäppchen abends nach Hause ginge, dann wollte er ihm nachschleichen und wollt’s in der Dunkelheit fressen)。

nachschleichenは「……のあとからそっと[足音を忍ばせて]ついて行く、こっそりあとを追う」です。

狼の目論見通り、赤ずきんちゃんは「日が暮れてからおばあさんの家を出る」ような危ないマネをするでしょうか。

Viel Spaß - und bis bald!
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

feedly
feedlyでフォローしていただくと最新のブログ更新情報が受け取れます!
follow us in feedly