格言集の決定版『ゲーテ格言集』

ゲーテの全著作の中から選びぬかれた格言が収められているのが『ゲーテ格言集』(高橋健二,新潮文庫,1952)です。

文庫本で価格はお手頃だし、中身もそんじょそこらの格言集・名言集の追随を許しません。

Amazonのレビューにも、

おすすめです。中には同意しかねるものもありますが、琴線に触れる格言がたくさんあります。訳もすばらしいです。

この後、思わずいくつか他の格言集も買ってしまいましたが、これに勝るものはありませんでした。

Amazon『ゲーテ格言集 (新潮文庫)』レビューより

という声がありました。

まったくその通りです。

現在(2016年3月12日)絶版なのが惜しいです。

本書にある格言の中でも一番しびれるのが「処世のおきて」です。

処世のおきて

気持ちのよい生活を作ろうと思ったら、

すんだことをくよくよせぬこと、

滅多なことに腹を立てぬこと、

いつも現在を楽しむこと、

とりわけ、人を憎まぬこと、

未来を神にまかせること。

(「警句的」から)

(原文)
Lebensregel

Willst du dir ein hübsch Leben zimmern,

Musst dich ums Vergangne nicht bekümmern;

Das Wenigste muss dich verdriessen;

Musst stets die Gegenwart geniessen,

Besonders keinen Menschen hassen,

Und die Zukunft Gott überlassen.

Viel Spaß - und bis bald!
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

feedly
feedlyでフォローしていただくと最新のブログ更新情報が受け取れます!
follow us in feedly