赤ずきんちゃん(Rotkäppchen)をドイツ語で読む 第23回 ~狼の誘いに乗らない赤ずきんちゃん~

wolf

今回は、赤ずきんちゃんが別の狼に森に誘われますが、断ります。

前回:赤ずきんちゃん(Rotkäppchen)をドイツ語で読む 第22回 ~別の狼に誘われる~

Rotkäppchen aber hütete sich und ging geradefort seines Wegs und sagte der Großmutter, dass es dem Wolf begegnet wäre, der ihm guten Tag gewünscht, aber so bös aus den Augen geguckt hätte: “Wenn’s nicht auf offener Straße gewesen wäre, er hätte mich gefressen.”

しかし、赤頭巾は警戒して、まっすぐ道を進み、おばあさんに、狼に会ったの、狼が私にお早うと言ったけれど目つきがとても悪かったわ、みんなの歩く道にいなかったらきっと私を食べていたでしょうね、と話しました。

via「赤ずきん

今回は狼の誘いに乗らずに、赤ずきんちゃんは用心してまっすぐに道を進みます(Rotkäppchen aber hütete sich und ging geradefort seines Wegs)。

sich hütenは「用心する」です。

そしておばあさんに話します(und sagte der Großmutter)。

「狼に会ったの、狼が私にお早うと言ったけれど目つきがとても悪かったわ、みんなの歩く道にいなかったらきっと私を食べていたでしょうね」(dass es dem Wolf begegnet wäre, der ihm guten Tag gewünscht, aber so bös aus den Augen geguckt hätte: “Wenn’s nicht auf offener Straße gewesen wäre, er hätte mich gefressen.” )

dass以下の赤ずきんちゃんがおばあさんに語ったセリフには接続法IIが使われています。

■間接話法
狼に会ったの(es dem Wolf begegnet wäre

狼が私にお早うと言ったけれど目つきがとても悪かったわ(der ihm guten Tag gewünscht, aber so bös aus den Augen geguckt hätte

■非現実話法
みんなの歩く道にいなかったらきっと私を食べていたでしょうね(Wenn’s nicht auf offener Straße gewesen wäre, er hätte mich gefressen.)

現在・未来に関する仮定と推量では, 実現が十分可能と思えるときでも接続法IIが用いられる。

必携ドイツ文法総まとめ』p.59

Viel Spaß - und bis bald!
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

feedly
feedlyでフォローしていただくと最新のブログ更新情報が受け取れます!
follow us in feedly