史上最大の情報漏えい事件?「パナマ文書」の記事を読む

big data

すべてはSüddeutsche Zeitung〔南ドイツ新聞〕への1通の暗号メールから始まった。それが今や極秘ビジネス文書としてインターネット史上最大のリーク事件に発展した。

オフショア取引の闇を照らす「パナマ文書」の衝撃―文書2.6テラバイトをドイツ紙が入手 2016-04-04,TechCrunch

南ドイツ新聞の記事の第1パラグラフを読んでみます。

Vor über einem Jahr kontaktierte eine anonyme Quelle die Süddeutsche Zeitung und übermittelte auf verschlüsseltem Weg interne Dokumente der panamaischen Kanzlei Mossack Fonseca. Eine Firma, die weltweit anonyme Briefkastenfirmen verkauft, mit deren Hilfe sich wiederum so ziemlich alle Geschäfte verschleiern lassen. Auch die schmutzigen.

Das sind die Panama Papers

(訳)
1年以上前、南ドイツ新聞は匿名の情報源と接触して、パナマの法律事務所「Mossack Fonseca」の暗号化された内部資料を入手した。「Mossack Fonseca」は世界中に匿名のペーパーカンパニーを販売している。ペーパーカンパニーはほぼすべての商取引を隠蔽することができる。どんな汚い取引でも。

BriefkastenfirmenはBriefkastenfirma(女)の複数形で「郵便受けだけしかない架空会社」です。

「架空会社」というのは営業の実態がない、名前だけの会社です。

ここでは「ペーパーカンパニー」としました。

最後の文”Auch die schmutzigen.”は、”Auch wenn die schmutzigen Geschäfte.”(ペーパーカンパニーはどんな汚い取引でも隠蔽する)と読んでみました。

ペーパーカンパニーがマネーロンダリング(資金洗浄)に使われているような余韻を残して次のパラグラフに移っていきます。

「パナマ文書」のデータサイズは2.6テラバイト(=2600ギガバイト)もあるそうです。

どんな事件になるのか注目です。

Viel Spaß - und bis bald!
スポンサーリンク
ブログランキング
にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

feedly
feedlyでフォローしていただくと最新のブログ更新情報が受け取れます!
follow us in feedly